qrcode
 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- |- | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
犬のホームズ!
懐かしくなって色々調べだしたら…もう!止まりません!!
で、次々と永年の疑問解消。まとめてみました。

名探偵ホームズ 1984年放送。全26話。
小説シャーロック・ホームズシリーズを原作にした子供向けのテレビアニメ。
日本の東京ムービー新社とイタリアの国営放送局 RAI の合作。
原作から登場人物と舞台を借りてはいるが、ほぼオリジナル。
登場人物はすべて擬人化した犬で、ストーリーは、毎回モリアーティ教授と2人の部下が悪事を働こうとし、ホームズがそれを阻止するというもの。小説色は薄いが、教授の奇妙な発明品や、警官隊と教授一味の追いかけっこなど、全体的に明るく楽しい雰囲気で作られている。
ほとんどが盗難事件で、殺人事件はひとつもない。基本的に犯人はモリアーティ教授、警察側の捜査担当はレストレード警部になっており、役割が単純化されている。

登場人物
ホームズ (広川太一郎)
主人公の私立探偵。原作よりも健康的な設定となっており、コカインを打ったりしない。愛車のプロトベンツはチューニングしており何度か壊れている。
化学実験が趣味で、時折アンモニアから香水をつくるなどの珍妙な実験をしている。
テレビ版でホームズを演じている広川太一郎は、広川節とも言われるアドリブ混じりの軽妙な台詞回で作品に独特の雰囲気を与えている。

ワトソン(富田耕生)
ホームズの相棒。中年太りのおじさん医師、ただし作中で医師として誰かを治療することはほとんどない。次回予告をしているのもワトソン。

ハドソン夫人(麻上洋子)
ホームズとワトソンの下宿の家主。19歳(えっ!)の未亡人。古い友人には「マリー」と呼ばれていることから 本名はマリアン・ハドソンと推定される。

モリアーティ (大塚周夫)
悪党の親玉。白いシルクハットとマントをまとうオシャレな知能犯。出来の悪い部下を叱り付けながら、犯罪計画を進める。原作と違いドジ。慢性的に貧乏。食事もままならない生活を送っている。

スマイリー (千田光男)
アニメのオリジナル。モリアーティの部下。元海賊。ひょろりとした体で頼り無いが心は優しい。スタッフの近藤喜文をモデルにキャラクター原案を宮崎駿が描いた。

トッド (増岡弘)
アニメのオリジナル。モリアーティの部下。元海賊。スマイリーの兄貴分。同じくスタッフの友永和秀がモデル。

レストレード (飯塚昭三)
スコットランドヤードの警部。警官隊を引き連れてモリアーティ一味を追いかける。硬骨の正義感だがドジも多い。


犬になった理由
登場人物が犬になったのは、イタリア側の要請。日本では今さら…と、宮崎駿は犬にするのを嫌がった。しかし、イタリア側が強固で、犬にせざるを得なかった。
宮崎駿は、下宿の家主のハドソン夫人だけは人間にして、超人的なホームズでさえ人間の前ではおとなしくなる、という設定にしようとしたが、これもイタリア側から受け入れられなかった。
犬である特徴は外見以外特に活かされず、登場人物も基本的には人間と同じように振舞うが、一回だけレストレード警部が手紙の臭いを嗅いで犬らしさを見せた。 なお、ホームズの故郷であるイギリスでは、熱烈なシャーロキアンから「国民的英雄を犬にするとは何事だ」と抗議を受けた。

犬のホームズ
監督には宮崎駿があたった。しかし、1982年に6話分を手がけたところで、制作は一時中断。理由は原作者のコナン・ドイル遺族との間の権利問題が解決しなかったためと言われる。1984年の宮崎監督の劇場アニメ『風の谷のナウシカ』の同時上映作品に2話分が選ばれて、ようやく陽の目を見ることになる。
この映画館での公開が決ったことがきっかけとなり、1984年2月頃には広告代理店がテレビのスポンサーの獲得に動き出し、制作も再開、テレビ朝日での放送も決定した。宮崎を継いで監督したのは、『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』の中心演出家。
なお、原作問題が解消されなかった劇場公開版ではコナン・ドイルが原作ではないと断りがあったが、テレビ放映の際には原作者としてコナン・ドイルがクレジットされている。



劇場版
テレビ放送前の1984年に、宮崎駿が監督した「青い紅玉」と「海底の財宝」の2編が『風の谷のナウシカ』と同時上映された。
劇場版は、声優、台詞、登場人物の名前、編集、効果音、音楽がテレビ放送時と異なる。特にホームズ役の声優は、テレビ版に比べ大人のホームズになっている。
劇場版においては、コナン・ドイルの著作物には基づかない旨の断りを入れるクレジットが入って、数人の登場人物の名前が変更されている。モリアーティ教授はモロアッチ教授、ハドソン夫人はエリソン夫人、レストレード警部はレストラント警部になっている。他にも、音声処理により「シャー□ック・ホームズ」と伏せ字で名乗っているようにみえる。(私は本編を3つと劇場版のビデオを持っているのですが、確かにそこだけ機械的で、加工されてるな…とわかります)テレビ版で原作と同じ名前になったのは、劇場版上映からテレビ版放送開始までの間に原作の著作権が消滅したから。


サブタイトル
1. 彼がうわさの名探偵
2. 悪の天才モリアーティ教授
3. 小さなマーサの大事件!? (宮崎駿監督、脚本、絵コンテ、演出)
4. ミセス・ハドソン人質事件 (宮崎駿絵コンテ、演出)
5. 青い紅玉 (宮崎駿監督、絵コンテ、演出)
6. 緑の風船の謎をとけ!
7. 大追跡!ちびっこ探偵団
8. まだらのひも
9. 海底の財宝 (宮崎駿監督、絵コンテ、演出)
10. ドーバー海峡の大空中戦! (宮崎駿絵コンテ、演出)
11. ねらわれた巨大貯金箱 (宮崎駿監督)
12. 教授嵐の大失敗!!
13. 貨車が消えた!?教授の大魔術
14. 珍味!さんごのロブスター
15. 見たか!!ピカピカの大どろぼう
16. 魔城!!ホームズ生か死か?
17. テムズ川の怪物
18. ネス湖に散ったドジ作戦!
19. 漱石・ロンドン凧合戦!
20. 飛行船しろがね号を追え!
21. ブンブン!はえはえメカ作戦
22. ハチャメチャ飛行機大レース!?
23. 知恵くらべ!オウム対教授
24. 聞け!モリアーティ賛歌
25. 大混乱!人形すりかえ事件
26. さよならホームズ!最後の事件

主題歌  ダ・カーポ
オープニング … 空からこぼれたSTORY
エンディング … テームズ河のDANCE


いかがでしたでしょうか?いつも以上にマニアック!
さすが、宮崎駿!全体の雰囲気、キャラクターの動きはもとより小ネタが素晴らしい。また、食べ物が美味しそうなのも健在。ポリィのサンドイッチなんて思わず一緒に口を「あーん」と開けちゃいますよ!

ホームズバナー
up素敵なサイトを発見!!早速「名探偵ホームズ不正規隊」入隊してまいりました。
メインキャラクター7人のモデルとなった犬種を解明していたり…深い!面白い!


では、君の周りで何か事件がおこったらベイカー街まで知らせてくれたまえ。
|カ行(コナン.ドイル) |comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
|- |- | - | pookmark |
Comment
2007/09/24 9:01 AM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2007/09/18 8:07 AM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yomimono.jugem.jp/trackback/71