qrcode
 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- |- | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
立原えりか
「砂糖菓子のような物語り」と評される作者ですが、絶版が多いです。
いま、書店で購入できるのは童話の訳や、絵本だったりして…。
もちろんそれらも素晴らしいのですが、私は児童書のが好みで…、つくづく残念です。


飾り窓 講談社文庫(絶版)  ★★★★★

短編集。残念ですが絶版です。
私は小学生の時に担任の先生に頂いてから宝物になりました。
他の作品も読みましたが、ちょっと甘さが強すぎて…。
私はこの本が一番好みです。甘いだけで無く、毒も含んでいて、もーたまりません!

影ふみ
雨のひとつぶ
ピアノのおけいこ
蝶の森
あたらしい夢
虹のかなた
朝ののみもの
家を貸します
海のハンカチ
しあわせのリボン
海ほおずきの林
妖精に飼われていたいもむし
こうのとり電話局
山の上の望遠鏡
飾り窓



私の持っている本で一番ボロボロで、もう崩壊していますが一生大切にしようと思っています。
|タ行(立原 えりか) |comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
|- |- | - | pookmark |
Comment
2012/09/05 12:27 AM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2008/04/01 7:00 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2008/03/27 10:36 AM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2008/03/27 10:20 AM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2008/02/02 8:06 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2008/02/01 11:48 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。