qrcode
 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- |- | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
貴志祐介 ISOLA―十三番目の人格
賀茂由香里は、人の強い感情を読みとる能力を活かして阪神大震災後、ボランティアで被災者の心のケアをしていた。彼女は、西宮の病院に長期入院中の森谷千尋という少女に会う。由香里は、千尋の中に複数の人格が同居しているのを目のあたりにする。このあどけない少女が多重人格障害であることに胸を痛めつつ、しだいにうちとけて幾つかの人格と言葉を交わす由香里。だがやがて、十三番目の人格「ISOLA」の出現に、彼女は身も凍る思いがした。第三回日本ホラー小説大賞長編賞佳作。「BOOK」データベースより


取材好きの作者らしい超常現象や心理学の記述は、素人目に見ても細かく、専門的でわかりやすい。中でもバウムテストはなかなか興味深かった。心理学に興味ある人は楽しめるのではないでしょうか?


この本の題名でもあり重要な鍵でもある「イソラ」。千尋の両親の形見である「雨月物語」の吉備津の釜の磯良。かと思いきや…という流れは面白かったです。ただ途中からの路線変更、最後の展開は正直がっかり。オチは定番だけどよかった。佳作納得という感じの作品。でもここから貴志祐介が始まったと思うと感慨深い。



いわゆる超能力ものかと思いきや、それだけで留まらないのが貴志作品
由香里は相手の心から発散される感情の波動を感じ取る、特殊なエンパス。
常に他人の思考や感情に振り回されなければならない日常。振り回される本人も家族も辛い。他人の、自分に対する気持ちが丸聞えになったりしたら、余計人付き合いなんてしたくなくなるだろう。適当にうわべと本音を使い分けているから、円滑な人間関係が築けるんですよね。

映画化したにはしたけど、さっぱりでした。内容は何も残っていない。
評価は、3にしようか迷った4。うーん、今でも迷ってる。


無謀にもランキングに参加してしまいました。ご協力おねがいします!
<br />
 ランキングバナー にほんブログ村 本ブログへ
|カ行(貴志 祐介) |comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
|- |- | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。