qrcode
 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- |- | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
J.K.ローリング  ハリー・ポッターと賢者の石
赤ちゃんの頃両親を亡くしたハリーは、自分をひどく嫌う人間の親戚一家に預けられていたが、11歳の誕生日に、ホグワーツ魔法学校からハリーのもとに入学許可証が届き、自分が魔法使いだということに気づく。
魔法界では誰ひとりとしてハリーを知らない者はいない。それは自分の両親の命を奪った、邪悪な「名前を言ってはいけない者」のせいだった。友だちや信頼できる先生と出会い、魔法を身につけながら、運命の戦いを繰り広げてゆく。


私は前評判がいいと、とたんに否定派に回るという、ねじくれた根性の持ち主です。
「色んな話の寄せ集めじゃない?」など酷評しながら、毎回なんだかんだ発売日に購入していますが。

シリーズでは、1巻と2巻が面白い!1巻では、まだハリ−が可愛いらしいですね。
後になればなるほど、ハリーの漁夫の利的な態度に反感を覚えますが。なんてぶうぶう言いながらも、ハリーと仲間たちに一喜一憂してます。
ハリーはともかく、周りの人達は好き。
なんと言ってもダンブルドアにハグリッドです!ダンブルドアは言わずもがなの、ときめき要員ですが、あまりにもハリ−というか、グリフィンドール贔屓しすぎでしょう。最初は「やったあ!」と、ハリ−達と共に喜んでましたが、巻を追うごとに「これはいかんだろう…」と思う処もぽつぽつ…。
ハグリットは幸せになって欲しい。あんまり虐めないで欲しい。


  

もう1つどうしてもハリ−・ポッタ−を斜に見てしまう要因は「訳者」にあります。
あの太字や人物によって字体を変えているのが、本当に邪魔!
強調されなくても、いい言葉はちゃんと響く。流れで言いたい事ってわかる。子供だってね。「子供がわかりやすいように」と想っての事かもしれませんが、結果的に「こう感じなさい」とあてがわれている様で、逆に子供の発想力狭めてませんか?
原書を見たのですが(読んではいない。英語苦手です)そんな箇所ありません。
あれは訳者のエゴじゃないですか?訳者がそんな風に主張していいの?と、疑問をもつ箇所が多すぎるのです。
私には邪魔な太字などの表現。読書好きな母は「分りやすくていいじゃない?」だそうです。…まあ、人それぞれって事ですね。毒気ぬかれた。


お菓子の表現は独創性を感じます。美味しそうかはともかく、外国の子供達が好きそう!日本の子供達はどうなんでしょう?駄菓子なんかは凄い色のお菓子ありますが、日本って、あんまりグロいお菓子好まないんですよね。親が禁止するのか、添加物に子供ながら不安を感じるのか…。ちょっとお菓子業界に関わってたので、実に興味がある。
以前コンビニで「カエルチョコ」買ってみました。普通で、物凄くがっかりした…。


この作品がもたらした最大の功績といえば、なんと言っても日本の出版界に「ファンタジーブーム」を巻き起こしたことでしょう。ファンタジー好きの私としては、良書が多く発売される現象は大歓迎!!でも、ブームは去るものなので…、その後が心配です。


無謀にもランキングに参加してしまいました。
よろしかったらご協力おねがいします!


<br />
 ランキングバナー にほんブログ村 本ブログへ

|サ行(J.K.ローリング) |comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
|- |- | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。