qrcode
 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- |- | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
畠中恵  まんまこと

江戸は神田、玄関で揉めごとの裁定をする町名主の跡取りに生まれた麻之助。このお気楽ものが、町の難問奇問に立ち向かう。ある日、女好きの悪友・清十郎が「念者のふりをしてくれ」と言ってきた。嫁入り前の娘にできた子供の父親にされそうだという。本当の父親は一体誰なのか。 データベースより


畠中恵の作品から妖怪を抜くと、こういう作品が出来るようです。
読了後の、率直な印象…
「軽い」の一言に尽きます。
設定はそこそこ面白いものが出来そうなのに、とても残念だな、と。


舞台は作者得意な江戸時代。
町内のもめ事の裁定をする「町名主」の家に生まれた主人公の麻之助。
16歳までは真面目に人生を送ってきたというのに、何の原因があったのか突然
周囲も驚くようなお気楽な性格になってしまう。。
体調を崩した父に代わり、もめ事を調停することになるのですが…?


という始まりです。
お気楽息子がどのような裁定を下すのか?
彼に何があったのか?
含む部分が多く、後に行くほど解明されていくわけですが…
どの「問題」も対応が軽すぎる。さささ…っとお話が先に進んじゃう。
間合いと言いますか、一つの問題に対する解決だったりオチがもうちょっと重いと
作品のメリハリがついていいように思うのですが。。


軽快に読める…と言う意味ではいいのでしょう。
さくっと読みたい人にはお勧めです。
それがこの作家の良い点なのかもしれません。
しゃばけは好きなのですが、こちらのシリーズは続きを読まなくてもいいなと感じました。


無謀にもランキングに参加してしまいました。ご協力おねがいします!
<br />
 ランキングバナー にほんブログ村 本ブログへ
JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:読書

|ハ行(畠中 恵) |comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
|- |- | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yomimono.jugem.jp/trackback/1575