qrcode
 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- |- | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
貴志祐介  新世界より(上)
1000年後の日本。豊かな自然に抱かれた集落、神栖66町には純粋無垢な子どもたちの歓声が響く。周囲を注連縄で囲まれたこの町には、外から穢れが侵入することはない。「神の力」を得るに至った人類が手にした平和。念動力の技を磨く子どもたちは野心と希望に燃えていた…隠された先史文明の一端を知るまでは。 データベースより


待ってた!文庫化を待っていました!!
きりがないので、購入する本は出来る限り文庫でと常日頃思っているのですが
何度、あの大きいサイズをレジまで持っていこうとしたことか!


貴志祐介。独創的な発想力でいつも驚かせてくれます。かなり好きな作家です。
ゆえに前評判も良い本作は期待しておりました。
例えSFでも。
ファンタジーは大好きなのに、SFは大の苦手です。
本書も序盤はおおいに手こずりました。


舞台は1000年後の日本。
「呪力」と呼ばれる超能力を身につけた人間達。
回りを注連縄で囲まれ、守られた集落。
電力に頼らず、呪力によって穏やかに生活する人々。


主人公は早季という少女。
幼少期には呪力が無く、早季の呪力発動と共にお話は展開していくわけですが
ノスタルジックな雰囲気と共に、昔の…日本特有ともいえるおどろおどろしさが漂います。
話が大きく動く中盤からは息もつかせぬ展開で中巻へ。
この辺りからはもう目が離せず、眠るのが惜しくなるほどです。
やはり迫り来る恐怖を描かせると、筆が冴える作家ですね。


<br />
 ランキングバナー にほんブログ村 本ブログへ
JUGEMテーマ:読書
|カ行(貴志 祐介) |comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
|- |- | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yomimono.jugem.jp/trackback/1501