qrcode
 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- |- | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
告白
『嫌われ松子の一生』などの話題作を世に送り出す奇才・中島哲也監督が、湊かなえのベストセラー小説を映画化。「生徒に娘を殺された」という女教師の告白から始まり、殺人事件に関わった登場人物たちの独白形式で構成される衝撃作。 データベースより 


久々に邦画を観ようという気になった。
そもそもこの原作の小説を買おうかずーーーっと迷っています。
読んだと言う友人から「後味が悪いからやめた方がいい」と言われ
コレを見て、確かになー…と改めて思いました。
映像だから中和されているけど、活字で目にしたら
のめり込んで、後々ずーっと引き摺る事になりそうだ。


好みが大きく分かれるでしょうが、良く出来ていると思う。
この監督独特のカットワーク、間合いが、この作品によくあっている。
中盤くらいまでは「こんなもんか…」とよくあるパターンのようにかんじましたが
先生の告白以降の展開が、意外というか…
話題作は基本的に否定派なのですが、これは見ごたえがあった。


ただ、気分は良くない。
爽快感も全く無い。
見る人を選ぶようです。監督の力量を感じる完成度の高い作品でした。


<br />
 ランキングバナー にほんブログ村 本ブログへ
|映画 |comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
|- |- | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yomimono.jugem.jp/trackback/1473