qrcode
 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- |- | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
コナン・ドイル  緋色の研究 
  
ホームズとワトスンが出会い、ベイカー街に共同で部屋を借り、ホームズの探偵業が開始される、シリーズの発端となる記念すべき作品。

小学生の時むさぼるように読んでいました。探偵ものの王道。第一作目と言う事で これを選びましたが、甲乙つけられない位どれも面白いです。と言うか、
むしろ順番付けたくない!ホームズ読んでない人っているんだろうか?

作品の面白さは、言わずもがななんですが、ホームズについて特筆すべきは何と言っても「シャーロキアン」
作者のドイルがお金のため、嫌々ホームズを書いていた事はあまりにも有名な話ですが、それだけに、矛盾点が多いのもまた事実です。その矛盾点を独自の研究で補おうというのが「シャーロキアン」。中には作者のドイルをゴーストライターとし、本当の作者はワトスンであると主張する人もいますが、あのドイル嫌々ぶりをみると、まあ…そう思っちゃうのも仕方ないかな…と。
その熱狂ぶりに憧れたものですが、幼少の頃から「広く浅く」だった私は執着はあったものの、そこまでの情熱と知識がなく「ただのホームズ好き」に甘んじてました。有名なところだと、以前感想文を書いたアシモフもシャーロキアンです。

また、幼少の頃アニメでやっていた犬のホームズに釘付けでした。最初はイメージとの違いや「なんで犬なのか?」に悩みましたが、もう!すぐ!ファンになりました。原作と違ってダンディーで品行方正なホームズは、それはそれでとても魅力的です。宮崎駿が監督・演出をし、今のジブリの面影がしっかりあります。
ビデオ擦り切れる位観たなー。DVD買おうかなー。



無謀にもランキングに参加してしまいました。
よろしかったらご協力おねがいします!


<br />
 ランキングバナー にほんブログ村 本ブログへ

|カ行(コナン.ドイル) |comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
|- |- | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yomimono.jugem.jp/trackback/121