qrcode
 無料ブログ作成サービス JUGEM
荻原 浩  押入れのちよ
今ならこの物件、かわいい女の子(14歳・明治生まれ)がついてきます…。幽霊とサラリーマンの奇妙な同居を描いた表題作ほか、「木下闇」「殺意のレシピ」「介護の鬼」など全9話を収録した、ぞくりと切ない傑作短編集。 データベースより


お母さまのロシアのスープ     コール    押入れのちよ    老猫    
殺意のレシピ   介護の鬼   予期せぬ訪問者    
木下闇    しんちゃんの自転車


 ホラーですが、ぞくっと背筋が凍るような“怖い”という印象ではなく
霊的な現象を絡めた「不思議な話」といった趣向。
各作品にテイストが異なり、読み応えがあります。
 
 
表題作の「押入れのちよ 」は、こうやって表紙を見ると、いかにもおどろおどろしいですが
ほのぼのするようなお話。
第一印象から“ダメ男”という表現がぴったりな主人公が、不思議な子供とのふれあいで
少しずつ世の中が見えるようになっていく…
こういう話はいいですね。好きです。
映像化したら、とても感動できるお話が作れそう。


でも、中でも1番良かったのが、「木下闇
なかなか革新的な展開。
主人公の焦燥感と、ページをめくるたびに増すなんとも言えない圧迫感!
気を登る息遣いさえ聞こえてきそうです。
疾走感と、じわじわ切迫する恐怖とを兼ね備えた、素晴らしい作品でした。
この作品のために文庫を買ったとしても、全然惜しくない。
久しぶりに面白い短編に出会えました。


 
 
 無謀にもランキングに参加してしまいました。ご協力おねがいします!
<br />
 ランキングバナー にほんブログ村 本ブログへ
JUGEMテーマ:読書
| ……………  |comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |