qrcode
 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- |- | - | pookmark |
横溝正史  八つ墓村
戦国の頃、三千両の黄金を携えた若武者が、七人の近習を従えてこの村に落ちのびた。だが、欲に目の眩んだ村人たちは八人を襲撃、若武者は「七生までこの村を祟ってみせる」と叫び続けながら、七人とともに惨殺された。その後不祥の怪異があい次ぎ、半年後、落人殺害の首謀者、田治見庄左衛門が家族・村人を切り殺し、自らの首をはねて死ぬという事件が起こった。この事件の死者が八人出たことで、村人は恐怖のどん底にたたき込まれた。村人は落武者の怨念を恐れ、犬猫同然に埋めておいた八人の死骸をとりだすと、八つの墓をたて、明神として祟めることにした。以来、この村は“八つ墓村”と呼ばれるようになったという―。大正×年、田治見庄左衛門の子孫、田治見要蔵が突然発狂、三十二人の村人を虐殺し、行方不明となる。それから二十数年、謎の連続殺人事件が再びこの村を襲った…。「BOOK」データベースより


あまりにも有名な、横溝正史の金田一シリーズですが、本作、探偵金田一は主役ではありません。
推理ものとして読むと、色々府に落ちないかも知れませんが、そんな事に目くじら立てず、雰囲気を味わって欲しいものです。
だって金田一、後手に回り、むしろ解説者になってるしね。贔屓な私でも納得いかない処は、そりゃあります。


横溝正史にはとにかく「劇的」という言葉が似合う。
閉鎖された村であったり、暗いかげ漂う洋館など様々だが、全作品において陰鬱で、一種妖艶ともいえる雰囲気をまとっている。各作品小道具が違うくらい?
本作も、なにしろ舞台作りが徹底している。

立続けにおこる殺人、閉ざされた村、過去からの暗い因習・伝統、憎悪、エッセンス的ラブロマンス、鍾乳洞、とどめの財宝。


クドイくらいにお膳立てされた設定。これだけ見ても実に耽美であります。耽美浪漫派だっただけあります。
実際にあった「津山30人殺し」という事件をベースにしていたり、アガサ・クリスティーの「ABC殺人事件」に触発されて本作を書いていたり…と、裏設定も楽しめました。


何にせよ、究極のメロドラマであり冒険譚でありサスペンス小説である本作。横溝作品の中でも傑作ですね。
ドラマや映画でストーリーを知っている人も、一読の価値はありますよ。
よく映像化されていて、その独特のインパクトゆえに、若干チープな印象を持っている方もいるようですが、そんな人には是非原作を読んでとお勧めしたい。
やっぱり、表現しきれないドロドロ感、「横溝的」と言わしめるものが何であるか、わかると思います。


無謀にもランキングに参加してしまいました。ご協力おねがいします!
<br />
 ランキングバナー にほんブログ村 本ブログへ
|ヤ行(横溝 正史) |comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |