qrcode
 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- |- | - | pookmark |
J.R.R. トールキン   指輪物語
恐ろしい闇の力を秘める黄金の指輪をめぐり、ホビット族、魔法使い、妖精族たちの果てしない冒険が始まる……。いわずと知れた名作です。


全巻読破済み。原作を読んだのは、映画の1話目が公開された後でした。
児童書ように要約されたのは読んだことがあったのですが、やっぱり違うね。

まず文体に馴れるのが大変でした。初の作家は、よっぽど軽快な節回しでないと大抵、馴れるまで物語に入り込めません。だから同じ人ばかり読んじゃうんですけど。
特に、古い作品はねー。時代背景からして違うし。
これも1巻目は苦しかった…。何冊かまとめて借りていたので「これ、全部読めるかな?」と、不安になりましたが、そんな杞憂はあっという間に霧散。
登場人物に愛着を持てば持つほど、テンポアップ!


私がオアシスにしていたのは、ギムリとレゴラスです。まあ、ここは当然ハマるところですな。特にギムリがかわいすぎるぴかぴかあとは、サムね。

まだ続くよ ぽちっと →
|タ行(トールキン) |comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |