qrcode
 無料ブログ作成サービス JUGEM
筒井康隆  鍵 自選短編集
自選恐怖集。これは怖いです。

鍵  佇むひと  無限効果  公共伏魔殿  池猫  死にかた  ながい話  都市盗掘団  衛生一号  未来都市  怪談  くさり  ふたりの印度人  魚  母子像  二度死んだ少年の記録

テーマや話の流れが一見バラバラのようだけど、一本の糸に支えられていると言うか、実は一貫しているように思います。
心臓をゆっくりと冷やされる感覚というような…不条理な恐怖。独特の皮肉も健在で、フィクションなのに、現実に起こっているような生々しい。
自選だけあって、作者の怖いものが見えるような気がします。


どれも怖く、ものすごく面白いのですが、残念な点が…。かなり持っている他の本と内容がかぶっている事。「自選」なので当然ですが、目新しいものが片手分しかなく、結構がっかりした思い出が…。
でも、怖いのが平気で「どれから筒井康隆、読もうかな?」という人には良いのかも。


無謀にもランキングに参加してしまいました。ご協力おねがいします!
<br />
 ランキングバナー にほんブログ村 本ブログへ
|タ行(筒井 康隆) |comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
筒井康隆  魚籃観音記
 
魚籃観音記 市街戦 馬 作中の死 ラトラス 分裂病による建築の諸相 建物の横の路地には 虚に棲むひと ジャズ犬たち 谷間の豪族 


短編集です。残念ながら私にとって「ハズレ筒井」でした。
何故なら、エロス満載だから。というか、収録作ほぼそんなテイストです。イラストから気がつけばよかった…。
さらっと言うと、表題作の「魚籃観音記」は、観音様と孫悟空が禁断の関係に…。という話。


あまりにも…、な内容に書く言葉もありません。エロスばかりの話は好きではありません。早々に売ってしまったので手元にありませんが、読み返すまでもないし。
書くのやめようかとも思ったのですが、取り合えず読んだ本を全部書いていきたいので。
お好きな方!すいません。


無謀にもランキングに参加してしまいました。ご協力おねがいします!
<br />
 ランキングバナー にほんブログ村 本ブログへ
|タ行(筒井 康隆) |comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
筒井康隆   猫池  「にぎやかな未来」収録
  
環境に適応した猫の話。2Pの短編なので、あらすじ書いたら終わっちゃう。

筒井康隆は本当に色々かいてますが、日常から始まり、非日常で終わる、その歪みが恐ろしいです。短編が多く、さくさく終わるので、え?え?と言っている間に終わってしまい、取り残されたような、その世界に入り込んでしまい抜けだせなくなったような、不思議な後味がたまりません。
作風が色々あり、私的に下品なのはドン引きですが、もう1つお勧めは
「亭主調理法」です。何に収録されてたかな?
総じて言えるのは、この人は本当に頭がいいんだな…と言う事です。


無謀にもランキングに参加してしまいました。
ご協力どうか宜しくおねがいします!


<br />
 ランキングバナー にほんブログ村 本ブログへ

|タ行(筒井 康隆) |comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |