qrcode
 無料ブログ作成サービス JUGEM
探偵の探偵3
探偵の探偵、3作目です。難しい3作目。
1作目は立て続けに起こる冷たい衝撃に圧倒されているうちに終りました。
痛くて冷たくて刹那的なとても印象に残る作品。
2作目は心を凍らせていた主人公が、暴力にまみれた日常の中でどうにか人の暖かさに触れる事が出来るのか?
という、人の心に触れたいという片鱗を感じさせる描写が何とも切ないお話でした。
暴力と失望にまみれながらも真相を追求しようとする焦燥感が伝わってきました。


そして3巻目の本作。
…何か違うな、と。
妹の居場所をストーカーに教えた悪徳探偵を「死神」と名付け、尻尾を掴んだのが前巻までの流れ。
ネタバレし過ぎるので詳しく書けないのが実に苦しいところですが、行きつ戻りつの感が否めませんね。
スピード感、疾走感もダウン。
前巻までの「人の心に…」の流れからかもしれませんが、主人公にも迷いが見られる。
相変わらず頭は切れて、臨機応変の鬼!という雰囲気はあるものの、唯我独尊のバーサク状態が切れて、時折虚脱を伺わせますね。
このシリーズの持ち味だった「圧倒される」という印象が無くなってしまった気がします。


意外な展開に思える箇所もあるにはあるのですが、それすらも雑多な情報のせいで影が薄く感じます。
こうなると心配になってくるのが次の展開ですね。
この巻も悪かったわけじゃないのですが、1・2と印象深かっただけに、ここで終わりにしておけば「このシリーズは良かったな」と自分の中で良作判定出来るような気がしてしまいました。


 
無謀にもランキングに参加してしまいました。ご協力おねがいします!
<br />
 ランキングバナー にほんブログ村 本ブログへ
JUGEMテーマ:エンターテイメント
JUGEMテーマ:読書
|松岡 圭祐 |comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
探偵の探偵2
仕事って大変だなー…、生きていくって大変だなー…とつくづく思う。
それにしても、探偵、凄過ぎます。
主人公…は到底比較の対象にはなりませんが、その同僚にしたって
目端が利くと言うか…様々な事を覚え、瞬時に判断出来、臨機応変に対応出来ないと危なくてできない仕事ですね。
私なんかどう足掻いても無理だなー。
気が休まらなすぎる。


前巻は徹底的に感情を排除し、探偵と言う過酷な状況を選んだ…という展開でした。
その冷静でありながら暴力にまみれたスピード感に圧倒されているうちに読了。
あのラストからどうなるのか気になり過ぎて、すぐさまこちらを読み始めました。
今回はあの氷のようだった主人公も、少しずつ感情を見せ始め…といっても過酷な状況は変わらず、ベタつくような馴れ合いではなく、不器用に振る舞う姿がまた切ない…。


またしてもこんなに赤裸々に書いちゃって大丈夫ですか!?と戸惑うほどの「裏技」が載っていますね。
海外ドラマにはよくありますが、こんな事して悪用されちゃうよ?と思うような知識がてんこ盛りで一抹の不安を覚えます。
この知識量…しかも最新のものを次々と…。
一体どんな取材をしているのか、どんな頭の構造なのか。。


 
無謀にもランキングに参加してしまいました。ご協力おねがいします!
<br />
 ランキングバナー にほんブログ村 本ブログへ
JUGEMテーマ:エンターテイメント
JUGEMテーマ:読書
|松岡 圭祐 |comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
探偵の探偵
昔の、いわゆる「探偵小説」が好きな私にとっては序盤の描写はかなりシビアだなと感じました。
法改正以降の定義はなかなか寝耳に水ですね。
そういう事柄を踏まえつつ、他の探偵作品を読むのも面白いかも。


もの凄くタイムリーなネタ。
今なら名前がすぐに思い出せるような世間を騒がせた著名人も引き合いに出されていたりして…。
探偵法の件といい、まさに「旬」とも言える作品ですね。
知らない事のオンパレードで、ページを捲る度に「そうなんだ!」と驚きます。
普通に生活していたら知り得ないような情報が満載ですね。
…こんな事書いて大丈夫?興味本位で挑戦出来そうなほど詳細に書いてありますが…とつい心配してしまうほどリアルです。


スタイリッシュさは欠片も無く、泥臭い展開が続き…でもそれがいい。
眉目麗しく、ブラウスにスカートで立ち回りをする主人公。
若い美人の探偵という事で、浮ついた内容を想像しがちですが、そんな素振りはひとつもない。
生傷どころか、死直前の暴力を物ともせず、暗闇の中をひたすら走り続ける主人公から目が離せません。
普段はハードボイルドや暴力、流血の多いものはあまり好まないのですが、このシリーズは気になります。
主人公が結局どこに行き着いてしまうのか、何に安らぎを見いだすのか…目が離せませんね。



 
無謀にもランキングに参加してしまいました。ご協力おねがいします!
<br />
 ランキングバナー にほんブログ村 本ブログへ
JUGEMテーマ:エンターテイメント
JUGEMテーマ:読書
|松岡 圭祐 |comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |